Top

新着情報

SAMPE JAPAN 2017 展示会御来場ありがとうございました。

2017/12/7(木)

東京ビッグサイトで開催されました「SAMPE JAPAN 先端材料技術展2017」は、お陰様で多くの方にお越しいただき、充実した展示会となりました。誠にありがとうございました。

今後も、さらなる技術の発展とサービスの向上を目指して参りたいと思います。

また、今回会場にてご紹介させて頂いた商品やご説明につきまして、ご不明な点やお問い合わせ等ございましたら、お気軽にご連絡いただければと存じます。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

 展示会名

 SAMPE JAPAN 先端材料技術展2017

 会場

 東京ビッグサイト

 会期

 2017年11月29日(水) ~ 12月1日(金) 10:00-17:00 

 展示場所

 東7ホール S-24

 お問い合わせ先 

 株式会社SHINDO IMカンパニー 

 東京都渋谷区神宮前1-10-32 原宿デュエットビル  

 営業部 蛯原 直行<ebiharan@shindo.com>

 

東京ビッグサイトで開催されました「SAMPE JAPAN 先端材料技術展2017」は、お陰様で多くの方にお越しいただき、充実した展示会となりました。誠にありがとうございました。

今後も、さらなる技術の発展とサービスの向上を目指して参りたいと思います。

また、今回会場にてご紹介させて頂いた商品やご説明につきまして、ご不明な点やお問い合わせ等ございましたら、お気軽にご連絡いただければと存じます。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

 展示会名

 SAMPE JAPAN 先端材料技術展2017

 会場

 東京ビッグサイト

 会期

 2017年11月29日(水) ~ 12月1日(金) 10:00-17:00 

 展示場所

 東7ホール S-24

 お問い合わせ先 

 株式会社SHINDO IMカンパニー 

 東京都渋谷区神宮前1-10-32 原宿デュエットビル  

 営業部 蛯原 直行<ebiharan@shindo.com>

 

絶縁、断熱、補強の実現に適用できる筒編み製品のご紹介

2017/10/18(水)

下記リンクよりPDFファイルをダウンロードできます。

下記リンクよりPDFファイルをダウンロードできます。

展示会御来場ありがとうございました。

2017/7/3(月)

The Future of Composites in Construction

日時 2017620日(火)~22日(木)

場所 McCormick Place Lakeside Center, Chicago, USA

ブースNo. B9

アメリカシカゴで開催されたThe Future of Composites in Construction 2017においては、

多くの方に弊社ブースへお越しいただき、ありがとうございました。

初めての出展ではありましたが、充実した展示会となりました。

今後とも宜しくお願い致します。

The Future of Composites in Construction

日時 2017620日(火)~22日(木)

場所 McCormick Place Lakeside Center, Chicago, USA

ブースNo. B9

アメリカシカゴで開催されたThe Future of Composites in Construction 2017においては、

多くの方に弊社ブースへお越しいただき、ありがとうございました。

初めての出展ではありましたが、充実した展示会となりました。

今後とも宜しくお願い致します。

SHINDO Webサイト・リニューアル!

2017/2/20(月)

SHINDO Webサイトをリニューアルしました。

 

SHINDO Webサイトをリニューアルしました。

 

MRJに炭素繊維採用

2015/12/16(水)

国産初のジェット旅客機として初飛行を成功させた三菱航空機のMRJ(三菱リージョナルジェット)のエンジン部品にSHINDOの炭素繊維が採用されました。
SHINDOの炭素繊維が採用されたのは、エアバスと同じく、翼の下に付いているエンジンの前部で空気を取り込むファンケースの部分。鳥を吸い込む「バードストライク」等からエンジン部分を守る重要な部品で障害物による衝撃への強度に加えて機体の軽量化も同時に果たしています。

2015年12月16日 福井新聞掲載

 

国産初のジェット旅客機として初飛行を成功させた三菱航空機のMRJ(三菱リージョナルジェット)のエンジン部品にSHINDOの炭素繊維が採用されました。
SHINDOの炭素繊維が採用されたのは、エアバスと同じく、翼の下に付いているエンジンの前部で空気を取り込むファンケースの部分。鳥を吸い込む「バードストライク」等からエンジン部分を守る重要な部品で障害物による衝撃への強度に加えて機体の軽量化も同時に果たしています。

2015年12月16日 福井新聞掲載

 

Copyright © 2017 SHINDO All Right Reserved. all rights reserved.
powered by cheltenham software