Top

新着情報

MRJに炭素繊維採用

2015/12/16(水)

国産初のジェット旅客機として初飛行を成功させた三菱航空機のMRJ(三菱リージョナルジェット)のエンジン部品にSHINDOの炭素繊維が採用されました。
SHINDOの炭素繊維が採用されたのは、エアバスと同じく、翼の下に付いているエンジンの前部で空気を取り込むファンケースの部分。鳥を吸い込む「バードストライク」等からエンジン部分を守る重要な部品で障害物による衝撃への強度に加えて機体の軽量化も同時に果たしています。

2015年12月16日 福井新聞掲載

 

国産初のジェット旅客機として初飛行を成功させた三菱航空機のMRJ(三菱リージョナルジェット)のエンジン部品にSHINDOの炭素繊維が採用されました。
SHINDOの炭素繊維が採用されたのは、エアバスと同じく、翼の下に付いているエンジンの前部で空気を取り込むファンケースの部分。鳥を吸い込む「バードストライク」等からエンジン部分を守る重要な部品で障害物による衝撃への強度に加えて機体の軽量化も同時に果たしています。

2015年12月16日 福井新聞掲載

 

Copyright © 2017 SHINDO All Right Reserved. all rights reserved.
powered by cheltenham software